ミュージック・あみ〜ご - 音楽ランキング -

J-POPの歴史的名盤

歌謡曲やフォークが全盛だった1970年代に、日本でもポップミュージックロックの活動が始まりました。
今となっては歴史的なアーティストとその
名盤をたどってみました。

はっぴいえんどstyle=border:none

大瀧詠一、細野晴臣、松本隆、鈴木茂の4人が70年に結成。ロックに日本語が使えるのか、といった論争が起きていた時代のリリースだったことから、「初の日本語のロックバンド」として、その名を残している。70年「はっぴいえんど」style=border:noneでデビュー。71年「風街ろまん」style=border:noneは、日本語ロックの金字塔として高い評価を得ている。73年の「HAPPY END」style=border:noneを発表後、解散。メンバーはそれぞれの活動に移っていった。

大滝詠一

はっぴいえんど在籍中の72年にソロ・デビュー・アルバム「大瀧詠一」style=border:noneを発表。 その後、75年「Niagara Moon」style=border:none、76年「GO!GO!NIAGARA」style=border:none、78年「Niagara Calendar」style=border:none等のナイアガラシリーズを発表したが、商業的には成功しなかった。しかし、松本隆の作詞で81年に発表した「A LONG VACATION」style=border:noneは洗練されたポップ性が高く評価され、大ヒットアルバムとなった。84年には、同様の作風で「EACH TIME」を発表したが、その後、長期活動休止に入る。style=border:none

style=border:none

サディスティック・ミカ・バンド

元ザ・フォーク・クルセダーズの加藤和彦を中心として、72年結成。高中正義、高橋幸宏、小原礼などが在籍。73年のファーストアルバム「サディスティック・ミカ・バンド」style=border:noneが、ビートルズやピンク・フロイドを手がけたクリス・トーマスの耳にとまり、74年の「黒船」style=border:noneは彼のプロデュースを受けて制作された。75年には「HOT!MENU」style=border:noneを発表後、イギリスツアーを成功させ、その模様を収録した「ライブ・イン・ロンドン」style=border:noneをリリースしたが、その年に解散した。
style=border:none

荒井由実

72年デビュー。73年「ひこうき雲」style=border:none、74年「MISSLIM」style=border:none、75年「COBALT HOUR」style=border:none、76年「14番目の月」style=border:noneを発表。75年発売のシングル「あの日に帰りたい」ではオリコン1位を獲得、61万枚を売り上げ、70年代のポップミュージックでは数少ないヒット曲のひとつとなった。彼女のファッショナブルな音楽とキャラメル・ママのバック演奏は、日本の音楽界に新鮮な衝撃を与えた。

76年に松任谷正隆と結婚後、松任谷由実として数多くの作品を発表。78年「流線形 '80」style=border:none、80年「時のないホテル」style=border:none、82年「PEARL PIERCE」style=border:noneなどが、特に高い評価を得ている。 一方、80年に発表した「SURF&SNOW」style=border:noneの収録曲が、87年公開の映画「私をスキーに連れてって」で使用され、90年代にかけて社会的ブームを巻き起こした。また、呉田軽穂名義で作曲した作品を松田聖子などに提供する活動もしている。

style=border:none

シュガー・ベイブ

73年に、山下達郎、大貫妙子を中心として結成。75年に、大滝詠一によってプロデュースされた「SONGS」style=border:noneを発表したが、これが唯一のアルバムとなった。一方で、荒井由実など他のアーティストの作品にバックコーラスとして数多く参加している。76年に解散。
style=border:none

ティン・パン・アレー

細野晴臣と鈴木茂が、はっぴいえんど解散後、松任谷正隆、林立夫らと共に73年キャラメル・ママを結成。その後、ティン・パン・アレーに改名し、荒井由実や大滝詠一など数多くのアーティストのバック演奏を務めた。オリジナルアルバムも75年「キャラメルママ」style=border:none、77年「Tin Pan Alley 2」style=border:noneを発表。

style=border:none

ナイアガラトライアングル

「Niagara Triangle Vol.1」style=border:noneは、ナイアガラ・レーベルを設立した大滝詠一が、シュガー・ベイブを解散した山下達郎、ココナツ・バンクを解散した伊藤銀次を迎えて、76年に制作。グループではなく、3人がそれぞれの曲をプロデュースする形をとっている。

続いて82年に発表された「Niagara Triangle Vol.2」style=border:noneは、佐野元春、杉真理とともに制作。それぞれの個性が十分に発揮されており、特に評価が高い。

style=border:none

山下達郎

76年のシュガーベイブ解散後、同年「Circus Town」style=border:noneでソロデビュー。日本におけるアカペラの先駆者としても知られる。82年の「FOR YOU」style=border:noneが大ヒット。続く83年の「MELODIES」style=border:noneは、非常に高い完成度に仕上げた。その後も、84年「BIG WAVE」style=border:none、86年「POCKET MUSIC」style=border:noneと名作を連発。

82年に竹内まりやと結婚。「VARIETY」以降の彼女の全作品のプロデュースといった面でも活躍している。

style=border:none

竹内まりや

78年「BEGINNING」style=border:noneでデビュー。初期は、様々なソングライターが提供した作品を歌っていたが、80年の「LOVE SONGS」style=border:noneは高い完成度に仕上げっている。84年には、全作品を自ら作詞・作曲した「VARIETY」style=border:noneで才能を発揮。その後、他のアーティストへの提供曲を集めた87年の「REQUEST」style=border:none、92年の「Quiet Life」style=border:noneとヒットを連発。94年のベストアルバム「Impressions」style=border:noneは大ヒットとなった。
style=border:none

このサイトを気に入ってくれましたら、クリックお願いします→ WEBサーチ ランキング

@obayan_amigoさんをフォロー  aikoマイベスト  YMOの魅力はライブにあり